子育て いじめ 不登校 ひきこもり 暴力 アルコール 薬物依存 拒食 過食症 リストカットなどの予防、解決を考える会。北海道内観療法懇話会 臨床内観療法研究会
 
掲載抄録内キーワード検索:
  子育て・いじめ・不登校・ひきこもり・暴力・アルコール・薬物依存・拒食・過食症・リストカットなどが社会問題となっています。これらの予防・解決に内観法、内観療法が有効であると考え、その予防・解決について考えます。

札幌市西区山の手5条5丁目1-1
011-644-5111
HOME 開催一覧 主催・事務局 会の歴史・沿革 プライバシーポリシー

HOME> 開催一覧 > 第15回北海道内観懇話会 > 掲載抄録一覧
お知らせ
北海道内観懇話会

内観の方法 
 内観は研修所に1週間宿泊して研修する集中内観と、日常生活での日常内観があります。集中内観の方法は次の通りです。

 1.楽な姿勢で座ります。屏風で囲むと、落ち着きます。

 2.そして、母(または母親代わりの人)に対する自分を、
   (1)世話になったこと
   (2)して返したこと
   (3)迷惑かけたこと
   の3点について、具体的な事実を調べます。

 3.調べるのは年代順。小学校低学年、高学年、中学時代……というように年齢を区切って、現在まで調べます。

 4.それがすめば、父、配偶者、子どもなど身近な人に対する自分を同様の観点から調べます。

 5.テレビやラジオの視聴、読書、他の人との会話は厳禁。緊急の用事以外は電話もかけられません。心の世界に集中できるように、外部からの刺激を最小限にするのです。

内観の効果
 内観体験者を調査したところ、自己発見に成功した人たちには、次のような効果が現れています。

 1.情緒が安定する

 2.思いやりが出てくる。

 3.責任感が強くなる。

 4.対人関係が向上する。

 5.意欲が向上する。

 残念ながら、1週間研修しても自己発見が進まない人もいます。

 しかし、それが肥料となって、次の研修で花開いたり、ずっと後になって効果が出てくることもありますから、長い目で見ることが必要です。

上記の文章は奈良内観研修所所長三木善彦先生の文献より引用させて頂きました。

案内
◎北海道内観懇話会
 1991年に札幌市で開催された第14回日本内観学会の運営委員会を母体に懇話会を結成し、今回15回を迎えました。主な事業は内観法の啓蒙・普及と研究を目的に、講演・体験発表などを行う北海道内観懇話会を年1回開催し、また北海道内観懇話会ニュースを発行しています。集中内観の経験の有無にかかわらずどなたでも入会できます。

 ●入会手続き/年会費1,000円をお支払い下さい。入会された方には北海道内観懇話会のご案内状と懇話会ニュース、その他のご案内を致します。

 ●郵便振替 /口座番号 02760−8−28387
        加入者名 北海道内観懇話会

 ●事務局  /札幌市西区山の手5条5丁目1−1
        札幌太田病院内 内観療法課 上野・大西・根本
        TEL.011(644)5111
        FAX.011(644)1001
        http://www.sapporo-ohta.or.jp/
        E-mail:sb0874@ppp.bekkoame.ne.jp

◎札幌内観道場  札幌市手稲区本町5条212−6
         所長 五十嵐 一夫
         TEL.FAX.011(682)9916

◎釧路内観研修所 釧路市若草町17−13
         所長 長谷川 清
         TEL.FAX.0154(23)3784

◎内観普及協会  札幌市北区新琴似7条7丁目8−1
         会長 内海 由雄
         TEL.FAX.011(762)5850





戻る
ページ上へ
HOME開催一覧主催・運営事務局会の歴史・沿革プライバシーポリシー