子育て いじめ 不登校 ひきこもり 暴力 アルコール 薬物依存 拒食 過食症 リストカットなどの予防、解決を考える会。北海道内観療法懇話会 臨床内観療法研究会
 
掲載抄録内キーワード検索:
  子育て・いじめ・不登校・ひきこもり・暴力・アルコール・薬物依存・拒食・過食症・リストカットなどが社会問題となっています。これらの予防・解決に内観法、内観療法が有効であると考え、その予防・解決について考えます。

札幌市西区山の手5条5丁目1-1
011-644-5111
HOME 開催一覧 主催・事務局 会の歴史・沿革 プライバシーポリシー

HOME> 開催一覧 > 第20回 北海道内観療法懇話会 > 掲載抄録一覧
介護予防と地域支援事業
〜市町村介護保険の新機軸の展開と地域医療・地域保健〜
広島大学大学院 健康政策科学・医療システム学コース主任教授
烏帽子田 彰

本文 
 平成12年4月から導入された介護保険制度は、わが国の社会・地域に着実な定着をみており、さらに、今後の人口構造の高齢化の加速度的な進行などから、そのニーズは、ますます増大すると見込まれる。それに対応して、地域において適切な種類のサービスが適切に整備されること等を目的として、市町村は介護保険事業計画を作成することとされた。

 現行の介護保険事業計画の見直しにあたっては、提供するサービスの量的かつ質的確保等の必要性から、これまでの実績評価等を基にした計画の評価・修正や時代に即した新たな展開が必須であるとともに、この度の制度改正において重要性が指摘されている介護予防の理念を具体化するための新たな対応が求められていたところである。また、施行後には、過渡期的現象ながら、自立支援を謳って導入された介護保険の理念がなお十分に徹底されていないこと等に起因するとも考えられる、介護保険制度での客観的なサービス選択が行われるための体制の確保(不適切なサービス提供等の改善)や健康維持・増進もしくは状況・境遇の改善に関する意識の向上等の課題の解決にも迫られている。

 介護保険制度の運用の適正化や健康づくり関連事業等と連携した効果的・効率的推進を図ることは将来を占うべき課題であり、早急かつ適切に対応する必要があることから、今後の制度全体を「予防重視型システム」として位置づけ、四半世紀前の老人保健法の制定以来ともいえる抜本的な制度改正として、「地域支援事業の創設」「新予防給付への転換」等を図ることにより、新機軸の制度としての改革の胎動が始まったところである(平成18年度実施)。また、今回の制度は、過去の経緯に鑑みて、わが国を、安心・安全・満足の日本型健康社会とする基盤を培い、来るべき超高齢社会に備えるために創設されており、全くの新機軸の視点で捉えるべきである(老人保健法の移行的制度や改正に伴う単なる修正ではないこと等)。

 この講演では、介護予防事業の基本的な提示と併せて、概念普及や思想で、先行しており、そもそも、健康づくり、すなわち、予防・保健の専門家集団が構成する医療・保健領域ではなく、介護領域において、予防の制度化・事業導入が成された経緯や根拠等を基に、わが国の社会の希求する真の健康社会および健康支援環境等について提示したい。





戻る
ページ上へ
HOME開催一覧主催・運営事務局会の歴史・沿革プライバシーポリシー